読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

国際石油情勢と日本石油業の将来(原子力と石油) 石油と貿易 1947.03.15

日付 1947年3月15日
題名 国際石油情勢と日本石油業の将来
作者 藤村義太郎 ほか
掲載 石油と貿易 2(3) pp8-12
発行 石油輸入協会 (日本橋区

見出し

原子力と石油の■■

世界的燃料不足

■■■■

最も確実な■■■■

加工場所上の新傾向

セントラル・リフアイニング

油田地■■の■義

ウエィストの貴重化

石油貿易再開の■■

日本石油業の将来

平和的需要の充足

■■は■■化へ


作者 藤村義太郎は、東京帝大教授、角永清は、貿易願嘱託、沢田五郎は、石油輸入協会事務局次長。


参照
20世紀メディア情報データベース

参考

世界エネルギー市場―石油・天然ガス・電気・原子力・新エネルギー・地球環境をめぐる21世紀の経済戦争

世界エネルギー市場―石油・天然ガス・電気・原子力・新エネルギー・地球環境をめぐる21世紀の経済戦争