読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

運命の連帯 湯川秀樹 新生 1947.03.01

日付 1947年3月1日
題名 運命の連帯
作者 湯川秀樹
掲載 新生 3(2) 2・3月合併号 通巻第16号 pp45-46
発行 新生社 (日本橋区
編集 青山虎之助

 

「運命の連帯」とは、のちに(「原子力と人類の転機」1954年)書かれるように、原子力の危機や危険性(湯川は特に原水爆を指すが)に対して人類が連帯的に立ち向かう必要があることを主張する際に用いている。

 


参照
20世紀メディア情報データベース

参考

湯川秀樹著作集〈4〉科学文明と創造性

湯川秀樹著作集〈4〉科学文明と創造性