読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

雅子斃れず 長崎原子爆弾記 石田雅子 表現社 1949.08.10

日付 1949年8月10日

題名 雅子斃れず 長崎原子爆弾記 

作者 石田雅子 

発行 表現社 

 

14歳のとき父の赴任で4月より長崎に移住、当時は三菱兵器製作所大橋工場で働く。爆心地より約1キロのところである。

 

入院中のベッドで書いた文章を兄が親族で回覧する「石田新聞」(後に「東福新聞」)に8回に分けて書き、父や兄の文章や写真と併せて1冊にまとめた。

 

1947年7月に検閲により「発禁」とされる。ところが父が知事や市長をはじめ各層にアンケート回答を依頼し、この作品が「敵意を再び燃え上がらせ」たり「公安を害する」意図をもっていないことがわかるような内容が集まる。結果、「仮刷」という判が押され、市販をしないという前提で没収や廃棄は行われず、家族や知人に配布される。

 

後に、若干の修正を行い、単行本が事後検閲に移行して1年以上過ぎた1949年2月20日に婦人タイムズ社(長崎)より刊行、さらに半年後の8月10日には表現社(東京)より刊行される。こちらには父や校長の文章がなくなり、代わりに永井隆の「序にかえて」と書簡、著者と永井の写真が加わったほか一部文章に手が加えられている。

 

以上、堀場清子「禁じられた原爆体験」より要約。

 

 

雅子斃れず (平和文庫)

雅子斃れず (平和文庫)

 

 

 

禁じられた原爆体験

禁じられた原爆体験