読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

広島県東北東の水分(みくまり)峡より見た原爆きのこ雲 山田精三 写真 1945.08.06

題名 広島県東北東の水分(みくまり)峡より見た原爆きのこ雲

作者 山田精三 

携帯 写真

日付 1945年8月6日

 

山田精三(YAMADA Seizo, 1928-  )は、広島県安芸郡府中町出身。当時は旧制夜間中学に通いつつ中国新聞社で働いていた。戦後、中国新聞編集局運動部で長年カープを担当、コラム執筆を続けた。

 

当時17歳だった山田は、1945年8月6日の朝、仕事をさぼって、友人と家の近くの水分峡に出かける。ここは、爆心地から6.5キロのあたりであったが、偶然、原爆投下後のきのこ雲を写真撮影する。