読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

原子爆弾の傷害調査:総司令部新聞会談 ジエームズ・ニール他 雄鶏通信 1947.06.01

日付 1947年6月1日
題名 原子爆弾の傷害調査:総司令部新聞会談
作者 ジエームズ・ニール他
掲載 雄鶏通信 3(6) 6月号 通巻第22号 pp14-16
発行 雄鶏社 (中央区
編集 武内俊三

見出し
異状出産は認められない
ケロイドは人種的特徴か
性に対する傷害はない

作者は、ジエームズ・ニール(James V. Neel、原子爆弾死傷調査委員、中尉)、メルヴイン・A・ブロツク(Melvin A. Block、原子爆弾死傷調査委員、中尉)、クロフオード・F・サムス(Crawford F. Sams、1902-1994、総司令部公衆衛生福祉課主任、大佐)。

参照
20世紀メディア情報データベース

参考

原爆開発における人体実験の実相―米政府調査報告を読む

原爆開発における人体実験の実相―米政府調査報告を読む