読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

不確定性原理 伏見康治 自然 1947.06.01

日付 1947年6月1日
題名 原子物理シリーズ⑤:不確定性原理
作者 伏見康治
掲載 自然 6(2) 6月号 pp20-27
発行 中央公論社 (千代田区)
編集 小倉真美

見出し
1.運動学的な量と力学的量-媒介者質量
2.力学的な量の測定-運動学との分離
3.測定の意味
4.変化する質量は運動学と力学の分離をひどくする
5.相対性原理による力学的量と運動学的量の結びつけ
6.光と物質の2量性-粒子と波動
7.運動学的記述と力学的記述の不確定性

参照
20世紀メディア情報データベース


参考

原子炉 (実験物理学講座 29)

原子炉 (実験物理学講座 29)