読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

長崎市に於ける原子爆弾被害並に後遺作用に関する衛生学的調査報告 大坪潔己、石澤正一 臨床ト研究 1947.01.20

日付 1947年1月20日
題名 長崎市に於ける原子爆弾被害並に後遺作用に関する衛生学的調査報告
作者 大坪潔己、石澤正一
掲載 臨床ト研究 24(1) pp27-29
発行 大道学館出版部
編集 古山正朔 (福岡市)
発行 九州帝国大学医学部内

見出し 
調査方法
調査成績
結語

大坪潔己は、九州帝国大学医学部衛生学教室教授(1942-1947)、医学博士。
石澤正一( ISHIZAWA Masaichi, ?-2007)は、九州帝国大学医学部衛生学教室助手。後に鳥取大学教授(1983年退官)。

参照
20世紀メディア情報センター

参考

 

原爆災害--ヒロシマ・ナガサキ

原爆災害--ヒロシマ・ナガサキ