読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

原子弾障害晩発症に対するPraehormon葡萄糖又は果糖及副腎皮質Hormonの連続注射の効果 山碕春三 医学中央雑誌 1947.01.15

日付 1947年1月15日
題名 内科学(内分泌#中毒)(43) 原子弾障害晩発症に対するPraehormon葡萄糖又は果糖及副腎皮質Hormonの連続注射の効果
作者 山碕春三
掲載 医学中央雑誌 第91巻 先刊第8号 p11
発行 尼子富士郎 (杉並区)
編集 尼子富士郎

 


山碕春三(YAMAZAKI Shunzo, 1895-1977)は、耳鼻咽喉科の医学者。1929年より大阪高医専の初代教授、後に大阪医科大。



参照
20世紀メディア情報センター


参考

 

原爆災害--ヒロシマ・ナガサキ

原爆災害--ヒロシマ・ナガサキ