読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発と原爆とともに

「3.11」原発事故の後の時代を生きるための データベースを構築しています by 瀧本往人

海底のような光  太田洋子 1945.08.30

日付 1945年8月30日

題名 海底のような光 原子爆弾の空襲に遭って 

著者 太田洋子 

発行 朝日新聞 

形態 随筆 


広島での被爆体験を綴ったもので、新聞に掲載された最初のエッセイ。

 

引用:

「死骸と並んで寝ることも怖れぬ忍耐の限度を見た。帯びたたしい人の群れの誰も泣かない。誰も自己の感情を語らない。日本 人は敏捷ではないが、極度につつましく真面目だということを、死んで行く人の多い河原の三日間でまざまざと見た。」

 

「広島市の被害は結果的に深く大きいけ れど、もしその情景が醜悪だったならば、それは相手方の醜悪さである。むしろ犠牲者の美しさで、戦争の終局を飾ったものと思いたい。」

 

下記に収録:

日本の原爆文学〈1〉原民喜 (1983年)

日本の原爆文学〈1〉原民喜 (1983年)